« ネオジウム磁石の角型磁石を1個から全国発送対応で販売 | Main | RIETAN エラー対応 »

2012.05.12

RIETANでX線を解析

しばらくぶりにRIetan。毎度のことながらすぐには動かない。
そのメモ:

Too large negative value of [mu - mu(mean)]R

1相ではでなくて2相以上にするとでるから多相Fitのせいだな。

|

« ネオジウム磁石の角型磁石を1個から全国発送対応で販売 | Main | RIETAN エラー対応 »

Comments

昨日リリースした RIETAN-FP v2.15では計算可能な [μ - μ(mean)]R の範囲が-1〜1に広がったため、そういうエラーメッセージが出力される割合はかなり減ったはずです。詳しくは http://fujioizumi.verse.jp/ の新着情報をお読みください。

Posted by: F. Izumi | 2012.05.16 09:22 AM

アドバイスありがとうございました。さっそく使ってみます。

Posted by: | 2012.05.18 09:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RIETANでX線を解析:

« ネオジウム磁石の角型磁石を1個から全国発送対応で販売 | Main | RIETAN エラー対応 »