2005.09.03

およぐ視線

英国から英語について発信しているブログ「英語学習帳」で気になるコメントを見つけました。

英語学習帳:視線に注意.

言葉がでないで視線をおよがせる、ってのは、自覚はないけどきっとやっているんだろうな。注意しなくちゃ。


この「英語学習帳」は、実際にその国にいないとなかなか分からないような、言葉の実際の使い方の情報で充実しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.21

二度ある事は三度ある

Non c'e due senza tre.

英語で直訳すると、There is no 2 without 3.
「三度目のない二度目はない。」

NHKラジオイタリア語講座テキスト4月号にのってたイタリアのことわざ。


春なので、NHKのテキストをいろいろかいました。いつものことです。続かないのは百も承知

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.08.22

神よ、女王を護りたまえ

このところ、いろいろな国の国歌を聞く機会があります。
で、英国国歌「God save the Queen」

God save our gracious Queen
Long live our noble Queen
God save the Queen
Send her victorious,
Happy and glorious,
Long to reign over us,
God save the Queen.

結構ストレートな歌詞です。
オーストラリア、ニュージーランドでもかつてはこれが国歌でしたが、今はそれぞれの国歌があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.18

大使館の豆知識

ちょっと海外の事をしらべていたら、大使館の英語名にいろいろなパターンがある事にきづきました。外務省のサイトを参照しました。

オランダ大使館:Royal Netherlands Embassy in Japan
イタリア大使館:Embassy of Italy in Japan
韓国大使館:Embassy of the Republic of Korea in Japan
オーストラリア大使館:Australian Embassy in Japan

「日本」がついていない国も。
フランス大使館:Embassy of France

変わっていたのが、
英国大使館:Her Britannic Majesty's Embassy in Japan
男王が即位すると看板付け替えるんでしょうね。UKではないのはなぜなんでしょう。

意外だったのが、
ローマ法王庁大使館:Apostolic Nunciature in Japan
そもそもバチカン市国じゃないんだ。なお、apostolic nuncioで法皇大使。


ほんとにどうでもいい豆知識でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

on, of aboutのつづき

前置詞の続き

「〜についてのinformation」 だと、Googleで

information about : 1530万件
information on : 1540万件
information of : 481万件


ofは不人気です。間違いではないみたいですが。
私はonを使う事にしています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.07.17

前置詞:on? of? about?

前置詞についてちょっと調べてみまたメモ。ただし、統計学的な処理、判断をしているわけではないので、私の感覚でしかない事にご注意下さい。

「〜に関する事実」の前置詞の選択について

The facts of ~
The facts on ~
The facts about~

なんてのが思いつきますが、差があるでしょうか。
で、googleで"The facts of Bush "などを検索して、数を比べました。(別にだれでも良かったんですが、例が多そうだったので。)
すると、

The facts about Bush: 402件
The facts of Bush : 120件
The facts on Bush : 53件

結構差があります。さらに、BushをBush's と所有格にして絞り込むと

The facts about Bush's : 115件
The facts of Bush's : 90件
The facts on Bush's : 31件

つまり、
of Bush型の75%がof Bush'sの形
about Bush型の29%がabout Bush'sの形

一方、人ではなくLinuxにすると
The facts about Linux: 436件
The facts of Linux : 38件
The facts on Linux : 282件

となり、別な傾向があります。


一応のまとめ:

of, on, aboutで深刻な意味の差はないらしい。
不安だったらとりあえずaboutが無難らしい。
あえていうなら、物事ならon、人ならabout、人に関する物事ならof、かもしれない。

サンプルが少ないし、評価もいい加減なので、精度は低い事にご注意下さい。
つまり、まちがってるかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.13

外国語で外国語を学ぶ つづき

つづき。

Clause:節
A part of a sentence which contains a subject and a verb, usually joined to the rest of the sentence by a conjunction

Practical English Usage by M. Swanからの引用


節には主語と動詞がひとつ含まれている、って当たり前だけど、あらためて言われるともやっとしたものが晴れる気がします。

usuallyだから、接続詞を使わない場合もあるってことだな。

最初のA part of a sentenceは関係詞の先行詞だけど、限定されてないからa partになってますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外国語で外国語を学ぶ

英語で書かれた英語の文法書での文法用語の説明をよむと案外おもしろかったりします。Practical English Usage (by M. Swan)からの引用です。


relative pronounce:関係代名詞

one of the pronounces who, whom, whose, which and that (and sometimes what, when, where and why).
They are used to repeat the meaning of a previous noun (the antecedent); at the same time, they connect the relative clause to the rest of the sentence (so they act as conjunctions and pronouncs at the same time).

Practical English Usage by M. Swan

あ〜そうなんだ、て気がしませんか。
さらに、この文章の構造そのもの、たとえば冠詞の使い方に注目するのもおもしろかったりします。先行詞の説明で、a previous nounなのに、the antecedentになっているのはなんでなんだろ、とか。また、theyを人間以外に仕えるんだ、という事もわかります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.05

だじゃれか?

たまたまみつけた、英語のだじゃれらしきもの。


Where do you go dancing in Calfornia?
San Frandisco.


Where do you take a sick dog?
To a dogtor.

Popular Jokes in English by G. Woolard


おもしろいのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.05.15

英国の「良い天気」

英国のある研究所に滞在していたときのこと。

研究所に車で入るとき、入り口ゲートでガードマンのチェックをうけます。
で、びしょびしょの雨の朝のこと、雨にぬれながらガードマンが車に近づいてきて、まじめな顔でこういいました。

「What a lovely day, isn't it?」

この類いのセリフは、よく耳にしました。こんなのに、なんて切り返せばいいのか、いまでもわかりません。

他に、a lovely day for ducksともいうそうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)